万年筆の良いところ

 

万年筆の良いところ

昔に比べて、最近では万年筆を使用する人が少なくなったように思えます。


一昔前までは、入学祝いに万年筆を選ぶのが一般的でしたが、近年では入学祝に万年筆を贈る人はほとんど見られなくなりました。


筆記用具はどんどん進化をしていて、実用性が重視となり、万年筆を使用しているのはある程度年齢が高い人というのが多くの人が持っているイメージだと思います。


しかし今の時代も万年筆を好んで使用している人は年齢に関係なく存在していて、特に高級万年筆はファッションの品格を上げることができるアイテムとしても利用されています。


ファッションアイテムとして

カバンや靴を高級品で揃える時には、安物のボールペンをスーツのポケットに入れるよりも、たとえ使用頻度が低くてもモンブランやペリカンなど、ブランド品の万年筆を入れた方が見た目が良く、万年筆をファッションアイテムとして購入している人も少なくはないようです。


万年筆を使用したことがない人も少なくはないと思いますが、万年筆のメリットの1つには書き味がとても良いというところが挙げられます。


万年筆はボールペンとは異なり、とても軽い力で手に負担をかけることなく利用できるものとして愛用者の中では評判で、最初は書きにくくても、使っているうちにどんどん書き味が良くなるという特徴もあります。


また万年筆に入れるインクを代えることでも書き味を変えることができ、粘性の低いインクを選ぶとサラサラして書き心地になり、粘性の高いインクを選べば、ヌルヌルした書き心地になるので、自分が使いやすいインクを選ぶといいでしょう。


コスト面でのメリット

万年筆を使用すれば、字がキレイに見えるというメリットもあり、これにはきちんとした理由があり、万年筆はボールペンよりも文字の角に丸みが出ないため、角張った字になりキレイに見えたり、筆圧によって太さに変化を付けられるため、ハネやトメなどをきちんと表現することができることになります。


万年筆のメリットには、ランニングコストが安く済むということもあり、確かに高級万年筆はそれなりの値段がするので、安物のボールペンを何本も買うことができますが、インク代に関していえば、相当コストが安くなります。


このように万年筆を利用するメリットはたくさんあり、一度万年筆を使ってしまえば、もうボールペンには戻れなくという人も世の中には数多く存在しています。


 
コンテンツ